ニキビ 予防方法

ニキビを予防するにはどんな知識が必要か?

ニキビを作らないための予防方法について

あなたは自分のお肌について良く理解していますか?

 

なぜそんな質問をしたのかと言えば、ニキビを作らないために、一番大事なことは自分のお肌・体を知る、という事だからです。

 

ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂や汚れ。なぜ皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうのかというと、それには乾燥や老化現象、お肌の水分量の低下などの原因が挙げられます。

 

乾燥や水分量の低下により毛穴が開いてしまうとそこに汚れが詰まりやすくなります。その状態で乾燥がまだ続いていると今度は角質部分が厚くなり、毛穴をふさいで毛穴内に汚れや皮脂を蓄積させてしまいます。

 

ニキビを作らない為にまずは自分のお肌が乾燥しない方法や乾燥してしまいがちな状況を知り、過剰な皮脂分泌を抑制するために心も体も穏やかに過ごす、という所に焦点を当てて生活をしてみましょう。

 

お肌は人によってタイプが違いますので、どんなスキンケアをしていたら乾燥しないか、しっかり水分を保持したぷるぷるのお肌になるかは自分でいろいろな方法を試してみないとわかりません。自分のお肌に最適なケア方法を知る為に、常にお肌の状態を気にかけ、お肌のことを知っていきましょう。

 

そして一番難しい『自分の体を知る』ですが、イライラや緊張など、精神がホルモンに与える影響は大きいです。

 

それに食事や生活スタイルも同様にホルモンに大きな影響を与えますので、ニキビを作らないためにはどんな生活をしたらいいかをまずは調べましょう。

 

どんな食生活を送ればいいか、どんな気持ちになったときに皮脂分泌が過剰になるか、何時までに寝たらお肌の調子がいいかなど、自分の体を知らなければ最適な対策は取れません。

 

忙しい現代人にはちょっと大変かもしれませんが、自分の体を知るというのはとても大事なことですよ。

 

 

<< ニキビと吹き出物 │ トップページに戻る │ ニキビができたら >>