ニキビができたら

ニキビができるとどうすれば良いのか?

ニキビができてしまったらどうするか?

きちんとお肌のお手入れをしているのに、ニキビができてしまった。

 

あなたにはそのような経験はないでしょうか?

 

ニキビができる原因は皮脂や汚れが毛穴に溜まることですが、毎日キレイに洗顔してお肌を清潔に保っても、残念ながらニキビはできてしまうときはできてしまいます。

 

それにニキビができる・できない、というのは個人差があり、できやすい人はいくらお手入れに気をつけてもできてしまうでしょうし、できにくい人はそんなに気をつけてお手入れしていなくてもできないでしょう。

 

不公平だと、思うこともあるでしょうがこれはもって生まれた体質なので仕方がないことです。

 

ですので、ニキビができないように対策をしてもできてしまったのなら、今度はニキビを治す方向に舵を切らなくてはなりません。

 

そこでニキビを治す方法を以下でご紹介したいとおもいます。

 

清潔にする

 

まず一番大事なことは『むやみに触らない』ということです。ニキビが気になりついつい手で触ってしまっていると、手についた雑菌でニキビの症状が酷くなっています。できてしまったニキビは清潔第一ですので、常にキレイを心がけましょう。

 

化粧品は低刺激のものを選ぶ

 

そしてニキビができているときのお化粧ですが、これは油分が少なめで低刺激のものにしておくのがいいでしょうね。油分はニキビの大敵ですし、ニキビを刺激するようなものは避けたほうが吉です。

 

紫外線対策をする

 

ですがだからといって素肌のまま、というわけにもいきません。ニキビに紫外線は大敵ですから、紫外線対策はきちんとすべきです。

 

 

 

いろいろ書きましたがまとめますと、丁寧な洗顔でニキビを清潔な状態に保ちむやみに触らず、化粧は控えめにしながらUV対策は怠らない、という事です。あとはニキビの状態に合わせた治療薬や医薬部外品の化粧水などを使うと完璧ですね。

 

 

<< ニキビの予防 │ トップページに戻る │ ニキビはなぜできる >>