ニキビ跡 期間

ニキビ跡は完治するまでにどれぐらいの期間が必要か?

ニキビ跡は治るのか。期間・時間はどれぐらい必要?

ニキビ跡は、治るのか治らないのか。

 

それは治ります。

 

なぜなら、人間は生きている限り、常に新陳代謝を繰り返し、新しいい細胞が生まれ、新しい肌が作られるからです。

 

ニキビ跡と言っても傷が浅いものから深いものまで様々ですから、違いは治るまでの時間です。

 

浅いものならまだしも、深いニキビ跡を作ってしまうと完治するまでにはそうとうな時間が必要です。

 

では、どれぐらいの期間が必要なのでしょうか。気になるところですね。

 

結論から言えば、ニキビ跡が消えるまでには平均的に半年ほど必要です。もし、かなり大きなニキビを潰してしまって傷が深ければ、数年かかる場合もあります。

 

つまり、一概にどれぐらいの期間でニキビ跡が完治するというのは言えないのですが、回復には時間が必要なのです。あせらずに腰を据えて治療に取り組む必要があるということがいえます。

なぜ、消える傷と消えない傷があるのか?

ニキビ跡は治るのか。期間・時間はどれぐらい必要?

いつの間にか消えている傷、いつまでも消えない傷、これは誰にでも経験があるのではないでしょうか。

 

このことからもわかるように、ニキビ跡といっても、すぐに治る傷と治りにくい傷とに分かれるのです。これは傷の深さに関係します。

 

通常、一般的に知られている肌の生まれ変わる周期は、28日(4週間)だと言われています。実はこれは皮膚の一番外側の組織である「表皮」の生まれ変わる周期です。

 

つまり、ニキビ跡が「表皮」だけの場合ならば、1か月ほどで傷が消えるといえます。

 

しかし、表皮の下の「真皮」、そしてその下には「皮下脂肪組織」がありますが、それらに傷がつくと、ターンオーバーの周期が2年から6年と非常に長い期間を要するため、非常に緩やかにしか治らないのです。

 

そこで思うのが、少しでも早く治したい、綺麗に治したいということです。そのために必要なのは、コラーゲンなどの栄養です。肌細胞に栄養を与えて肌のサポートをしてやる。これが大切です。