皮膚 健康 ニキビ

ニキビができない健康な皮膚には食事が大切!

 

皮膚のケアは、ニキビ治療において非常に大切になります。

 

なぜなら、ニキビは皮膚にできる病気だからです。

 

皮膚を健康にしてニキビができない肌にするには?

 

 

では、どのようにして皮膚をケアして皮膚を健康にすれば良いのでしょうか。

 

それは、食事です。

 

 

 

ただ、この食事についてお話をする前に、皮膚についての基本的な知識について触れておきます。

 

皮膚をしっかりと理解し、皮膚にやさしくするように気を遣っていかないと、皮膚はすぐにボロボロに傷ついてしまうのです。

 

傷ついてしまった皮膚はさまざまな病気のもとになりますが、この病気のひとつがニキビなのです。

 

ニキビは皮膚の状態によって程度も左右されてきます。炎症が大きければ大きいほど、ニキビもひどくなっていくことを、理解しておきましょう。

 

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つに分けられます。表皮がもっとも外側にあり、皮下組織がもっとも内側にありますが、この3つがそれぞれの役割を担っています。これらのバランスが崩れてしまっても皮膚は悪くなっていってしまいます。

 

これら3つには、それぞれ欠かせない役割があるのです。そのため、それぞれに適したケアをしていく必要があります。

 

表皮は、汗や体調変化に敏感です。体調が悪いと皮膚が荒れるという話は、この表皮において言われる言葉となります。汗をかいた状態でケアを怠ると、肌荒れの原因となりますので、清潔感を心がけましょう。

 

真皮は、ニキビ治療にとても有効な組織です。それは、コラーゲンが存在していることによるものです。真皮が疲弊してしまうと、コラーゲンも減少し、つかれきった肌が生まれます。

 

コラーゲンを増やすには、コラーゲン注射添加などの方法もあります。

 

また、食材から真皮を再生することもできるので、食生活から見直すと、効率的にケアできるでしょう。

 

皮下組織は、脂肪に敏感です。

 

脂っこいものは控え、血流に負担がかからない食事を心がければ、皮下組織も健康に保てます。

 

 

<< 肌質を見分ける │ トップページに戻る │ 体質改善 >>