肌質 ニキビ跡

肌質を知り適切なニキビ跡ケアをする

あなたの肌質(タイプ)を見分ける方法 | ニキビ跡ケア

あなたは自分の肌質を把握していますか?

 

そして肌質に合わせたケアをしているでしょうか。

 

ニキビのケアをしていくには、自分の肌質にあったケア方法をしていく必要があります。

 

なぜなら、それがもっとも効率的であり、一番効果が期待できるからです。

 

体質によって肌の質も大きく変わってきますので、自分の肌質をしっかり理解したうえで、皮膚と向き合っていくと良いでしょう。

 

正しい方法でケアをしていけば、ニキビが出来にくい肌にしていくことも夢ではありません。対処法なども理解し、生かしていきましょう。

 

さて、自分の肌がどんな肌質かわからない、という方に向けて、簡単に肌質を判断する方法をご紹介したいとおもいます。

 

もし、あなたが毎日あぶらとり紙を使っているというなら、あなたはオイリー肌です。皮脂分泌が他の肌質に比べ多いので、洗顔に気を遣っていく必要があります。ニキビケアを重点に継続していけば、それ以外の悩みはあまり生まれませんので、ニキビを重視しながら健康を保っていきましょう。

 

薬品などに弱いというあなたは、敏感肌である可能性が高いです。敏感肌とは、薬品や日光、化学成分に敏感である肌質のことを指します。合わない化粧品などを使うと、すぐに肌が痛んでしまい、ニキビへと発展していく可能性があがるため、使うものは質重視で選びましょう。

 

カサカサしやすいというあなたは、乾燥肌と呼ばれます。オイリー肌と正反対の肌質であり、皮脂分泌は非常に少ないという特徴があります。ニキビは出にくいですが、空気の湿度に非常に敏感になるため、化粧水などでケアしていく必要があります。

 

鼻はべたべただけど他はカサカサというあなたは、脂漏性肌かもしれません。乾燥肌に非常に似ていますが、ニキビが出来やすい、少し厄介な肌質です。ニキビができたらすぐに対処するように心がけましょう。

 

 

 

<< 放置しても治るのか │ トップページに戻る │ 皮膚を健康にする >>