ニキビ なぜできる

ニキビはなぜできるのでしょうか。

ニキビはなぜできるのか?

全てのニキビにおいて共通しているニキビができる原因があります。

 

それは皮膚がベストな状態ではないということです。

 

皮膚がぼろぼろになっていたり、皮膚にダメージがあったりすると、ニキビはできやすくなるのです。

 

皮膚にダメージを与える要因として、ストレス、日々の生活リズムの乱れ、ホルモンバランスの崩れ、肌質・体質、皮脂の過剰な分泌、菌の繁殖、内臓の荒れなど、様々なものが関わってくるのです。

 

最初はかなり小さいものから始まるニキビですが、早い段階での処置が大切になります。

 

放っておけば放っておくだけ悪化する可能性は高くなりますし、跡も残りやすくなるからです。

 

適切な処置を施すことにより、最低限のニキビの傷だけで済ませることができるため、しっかりとケアの方法を知っておく必要があります。

 

ニキビの正式名称とは

ニキビはなぜできるのか?

ニキビと聞けばどんな病気かわかるほど、日本でニキビは誰でも知っているメジャーな病気となっています。

 

そんなニキビですが、実はニキビというのは俗称で、尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)という正式名称があります。座瘡というのは、過剰皮脂が元になった病気を指し、そのままニキビのことを指す言葉となります。

 

病名として確立されているくらい、対処をしっかりしなければならない病気なのです。

 

一度治療するだけでは治らず、再発するという性質が非常に厄介として知られており、さらには跡まで残ってしまうので、正しい早めのケアが重要です。

 

もし間違ったケアをすると最悪の場合どうなるのか、あなたはご存知でしょうか。肌に凹凸ができます。まるで月面のクレーターのような肌になってしまうのです。

 

しかも、顔などの目立つ位置にできやすいため、精神的にも悪い影響を与えてしまいます。

 

 

<< ニキビができたら │ トップページ │ 放置しても治るのか >>