ニキビ できる場所 できない場所

なぜ、手のひらや手の甲にはニキビができないのか?

ニキビのできる場所とできない場所

体の中にはニキビができる心配のない場所もあります。

 

あなたはそれがどこかわかりますか?

 

ニキビができない場所、それは手のひらや足の裏です。

 

手のひらや足の裏にニキビができないのには理由があります。手のひらや足の裏には、ニキビの原因となる皮脂を分泌する脂腺(しせん)がないからです。

 

また、脂腺の分布密度が低いところもニキビができることはありません。手の甲や腕には脂腺がありますが、脂腺の分布密度が低いため手の甲にニキビができたなんて話は聞いたことがないはずです。

 

もうお分かりのように、反対にニキビができやすい部分は脂腺が多いところということになります。では、以下ではニキビのできやすい場所について説明していきたいとおもいます。

 

ニキビができる場所といえば、一番に思いつくのはやはり『顔』です。ニキビの一番の原因は皮脂が毛穴に詰まること。つまり、全身で一番皮脂の分泌が多い顔に一番ニキビができやすいのは当たり前のお話です。

 

胸元

しかし、ニキビができる場所は顔だけではありません。例えば胸元。胸元も皮脂の分泌がある部分です。そのため、胸元の毛穴が詰まり、胸元のニキビというのも珍しいことではありません。

 

背中

次に背中。背中も結構べたつく場所です。ただ、背中は自分では直接目で見ることができない場所であるため、ケアがしにくい部分です。洗い残した汚れが皮脂とともに毛穴につまり、ぽつぽつとニキビができてしまうことはよくあります。

 

お尻

あとはお尻。お尻は皮脂の分泌量でいうと、顔ほどではありません。そしてそんなに目だった部分ではないのでできても症状が軽いと気づかない人も居るでしょう。

 

ニキビが出来る部分というと、基本はこのあたりでしょうか。あとは首元や生え際などにもできることがあります。ですが大きな部分でいうとやはり胸元、背中、お尻あたりが主な場所でしょう。

 

顔と違ってこれらの部分はなかなかチェックしにくいところですが、背中など案外人目に付く場所ですのでこまめにケアをしてきれいなお肌を維持したいものですね。

 

 

 

<< ニキビと食べ物 │ トップページに戻る │ ニキビと吹き出物の違い >>