ニキビ できはじめ ケア

ニキビは、できはじめのケアが効果的!

ニキビのできはじめ、様子を見るべきか? | ニキビ跡ケア

ニキビのできはじめは様子見という理由で、放置していませんか。

 

このまま収まってくれればいいかな・・・と期待して、そのまま放置してしまうというのは、実はNGなのです。

 

出来はじめのタイミングだからこそ、ケアにはもってこいとなります。この段階で食い止めれば、悪化もしません。肌質改善にも非常に適しているタイミングなのです。

 

ニキビのできたタイミングというのは、白いニキビの状態のことを指します。ぷっつりと出来物がある状態であり、主に鼻の頭や額に出来ます。数は肌質と体調によってばらばらですが、非常に小さいものになります。

 

体調変化などで出来てしまうことが多く、ちょっと体調が悪いと感じたときや、生活のバランスの乱れを感じるときに多く見られます。このタイミングがわかったら、是非すぐにケアをしていきましょう。

 

この段階でケアをするメリットは、2つあります。1つ目は、菌の繁殖を食い止めることができることです。おすすめのニキビケア用品はリプロスキンです。

 

白いニキビの状態は、炎症を起こすと赤いニキビになったり、さらに悪化し角栓ができると黒いニキビになったりと、この状態を基にして悪化する分岐点となっています。そのため、ここでケアすることにより、菌が繁殖せずにすむのです。

 

2つ目は、抵抗力を高められるということです。白いニキビを改善することにより、皮膚がこの段階のニキビも作らないように動いてくれるため、それを皮膚に知らせるためにも、早いケアが大切となります。

 

抵抗力を高めるレタスやきゅうりを食べれば、より効率的です。

 

 

 

<< ストレス │ トップページに戻る │ 体温とニキビ >>